【ふるさと納税】は簡単にできて超お得!ふるさと納税ポータルサイトでコロナ禍の地方応援&自分のご褒美も楽しみも♪

全記事
この記事は約5分で読めます。

寒い寒い金曜日になりました

みなさん風邪など引いていませんか?

前回は社会保険料控除に絡めて
毎年の年末調整・確定申告について
お話ししました

実は、わが家には
社会保険料控除証明書が届き始める頃から
毎年スタートすつお楽しみがあります♪

それはズバリ!
【ふるさと納税】

最近はお客様からも
「今年もそろそろ始めます♪」
なんて連絡を頂いたりもして
かなりメジャーになってきた感があります

金曜日のお金の話
今回はそんな
【ふるさと納税】のお話を

 

スポンサーリンク

ふるさと納税とは

当たり前の話ですが
人は生まれた土地で
たくさんの様々な住民サービス
公的なサポートを受けて育ちます

健康な赤ちゃんだったとしても
健診のために病院に行ったり
国の補助でワクチン接種をしたり
様々な公的な教育機関も利用します

生まれた場所によっては
進学や就職を機に
生活の場を都会に移す方がいます

都会で仕事に就き、暮らすようになれば
税金を納める先は住んでいる自治体

自分が生まれ育った故郷の自治体には
税収が入りません

地方で生まれ育った人の中には
今は都会で暮らしているけれど
育ててくれたふるさとへ恩返しがしたい
そう思っている方が沢山います

「ふるさと納税」は
そんな思いを税制を通して叶える仕組みです

 

ふるさと納税は、実際には
都道府県、市区町村への「寄附」です

一般的に自治体に寄附をした場合には
寄附金額の一部が所得税と住民税から
控除されます(確定申告を行うことが必要)。

ふるさと納税では
原則として自己負担額(選んだ自治体に寄付した額)
の2,000円を除いた全額が
控除の対象→納税額から差し引かれます
(一定の上限あり)

例えば
年収700万円の給与所得者の方で
扶養家族が配偶者のみの場合
25,000円のふるさと納税を行うと

2,000円を超える部分である23,000円
(25,000円-2,000円)が
所得税と住民税から控除されます

自分の生まれ故郷に限らず
お世話になった自治体や
応援したい自治体(例えば大きな災害がおきた地域など)等
どの自治体でも
ふるさと納税の対象にすることができます

控除を受けるために

ふるさと納税をしても
そのまま何もしなければ控除は受けられません

控除を受けるためには
原則ふるさと納税を行った翌年に

確定申告を行う必要があります

ただし
確定申告の不要な給与所得者等は
5団体以内のふるさと納税であれば

各自治体に申請することで
確定申告が不要になる
「ふるさと納税ワンストップ特例制度」
があります

この場合は各自治体への申請をしなければ
控除はされませんので
必要な手続きは忘れないように気をつけましょう

各自治体では
ホームページ等で
ふるさと納税に対する考え方や
集まった寄附金の使い道を公開しています

寄附金の使い道を
ふるさと納税を行った人が選択できる自治体も
数多くあります

ふるさと納税ポータルサイトを上手に利用しよう

ここまで読んでみて

「確定申告が必要とか
控除には上限があると聞くと
なんだか難しそうで始められない・・・」

と思った方もいるかも知れません

実は、そういったお悩みは
「ふるさと納税ポータルサイト」
を利用すれば

簡単に解決できます

「ふるさと納税」と
ネットで検索すると
たくさんのポータルサイトが出てきます

まずはピンとくるサイトを開いてみましょう

そこらへんのお金の情報サイトよりずっと
わかりやすく、笑

控除の仕組みや上限額の計算方法
(実際のシュミレーションも
とても簡単にできます)
確定申告のやり方についても紹介されています

有名なところでは
ふるさとチョイス・さとふる・ふるなび
ANAマイルを貯めているならANAふるさと納税
楽天ポイントを貯めているなら楽天ふるさと納税
auPAYふるさと納税など

たくさんのポータルサイトがあり
各自治体の返礼品についても
各サイト限定の返礼品があったり
ポイント還元があったりと選択肢は様々で

ポータルサイトを見てるだけでも
楽しくなりますよ♪

ご自身のライフスタイルにあった
ポータルサイトを選べば
ふるさと納税制度をよりお得に
活用することができます

いくつかのポータルサイトをのぞいてみて
使いやすいもの・好みのポータルサイトを
見つけるのもお勧めです

ふるさと納税で超お得! そしてちょっとだけでも税金を身近に感じよう

ちなみにわが家で定番の返礼品は
お米、チョコレート、コーヒー、
そして海の幸or牛肉系!

いつもよりもちょっと豪華なものを選んで
年末年始の自分と家族の
ご褒美&お楽しみにしています

今年は新たに豪華お節もいいかな?
と検討中です♪

また、あまり大きな額ではありませんが
返礼品なしで大規模災害にあった自治体にも
寄付をすることに決めています

自治体によっては返礼品の他

返礼品を送ってくれるお店からの
お手紙があったり
観光スポットの紹介パンフレットや割引チケット
綺麗な写真カレンダーを送ってくれる自治体もあります

日本国内にも
行ったことのない地域が沢山あって
そんなパンフレットを見ていると
国内旅行も沢山行きたいなー、
と毎年思っています

いかがだったでしょうか

前回に引き続き
お金の話、がんばりました!

ふるさと納税は簡単にできて超お得!
その上「日本」という国の豊さ
あたたかさを感じられる&
(ちょっとだけでも)税金を身近に感じられる制度です

ポータルサイトを見たけど
やっぱり心配ですー!!という方は
お気軽にLINEでお問い合わせください^^

ぐーーーーっと寒さが厳しい金曜日
今夜は暖かくしてお過ごしくださいね!

良い週末になりますように

それではまた!

 

↓↓公式LINE登録で3つのプレゼント!
①【お金が貯まる七つの習慣】
②【ライフプランミニテキスト】
③【実践ワークシート】

友だち追加


熊谷 明子

アラフォーママFP(ファイナンシャルプランナー)
【住んでる所】千葉県
【家族】2歳年上の夫 / 息子2011年生まれ / 16才の猫♀
【保有資格】1級FP技能士・CFP®︎
【行きたい場所】ハワイ・ニュージーランド・ジープ島・屋久島

熊谷 明子をフォローする
熊谷 明子をフォローする
ママFP熊谷明子のホッとするお金のはなし【くままマネースクール】
タイトルとURLをコピーしました